社員教育はなぜ必要か

社員教育の必要性が感じられず実施していない企業も少なくありません。社員教育が必要である理由について紹介していきますので、参考にしてみてください。すでに行っている場合でも、実施する理由を見直すきっかけになれば幸いです。

スキルを高めることで生産性を向上させる

企業理念や風土に関する理解を深める

社員の意識やモラルを高める

社員教育とは具体的に何を指す?

社員教育とは会社がその従業員に対して行う様々な教育のことです。新人社員研修やOJT、資格取得支援も含まれます。

社員教育をするタイミングとその内容

定期的に行う社員教育

事業方針の共有が主目的

年に一度か二度程度は定期的に社員教育を行っている企業が多いですが、その内容はどのようなものが典型的なのでしょうか。主目的として挙げているのは事業方針の共有というケースが多くなっています。この点に力を入れている企業では四半期に一回程度の頻度で社員教育を行っていることも少なくありません。これからの四半期、半期、あるいは一年間にどのような事業を展開していこうと上層部が考えているかを発表し、社員にはそれに従って業務を行うように呼びかけています。それと同時に経営理念の再確認や前回の社員研修からの事業がどのように行われてきたかを振り返り、今後の業務に生かすという形になっているのが定期的な社員教育の典型例です。

能力開発とコミュニケーションの機会でもある

社員の成長を促すのも定期的な研修の中によく盛り込まれています。どのような内容の研修を行うかは企業によってかなり違っていますが、基本的には個人レベルあるいはチームレベルでの能力開発です。職種ごとに専門スキルの習得をアクティブラーニングで行ったり、有名な講師を呼んでセミナーを実施したりするのが典型例でしょう。また、社員同士のコミュニケーションの機会を提供することもよくあります。グループディスカッションやロールプレイングなどを行うケースが多く、意見を出し合いながら普段の業務とは異なることに取り組むことで互いの理解を図っています。このような内容の研修を盛り込むことで組織のレベルの向上を目指しているのです。

© Copyright Approaches For Employee Development. All Rights Reserved.